釣り万歳

釣り万歳

瀬戸内での釣りをメインに書いていきます。

MENU

話題沸騰?!キジハタクランキングがアツイ!

今回は最近SNSでもよく目にするキジハタクランキングの有効性とオススメのクランクベイトについて紹介していきます。
 
キジハタクランキングとは名前の通りクランクベイトを使ってキジハタを狙う釣り方です。
 
ソルトウォーターでのプラッキングといえばミノーやペンシルベイトなどが代表的でクランクベイトはあまりイメージないかもしれませんがロックフィッシュには実に有効なルアーです。
 

クランクベイトを使う理由

 
キジハタは根についているためよく潜るルアーが有効です。
最近のディープクランクは4m以上潜行できるものが多くシャローにいるキジハタを狙うにはちょうどいいルアーになっています。
また、ミノーより小さいシルエットでアピール力も強いためキジハタに気付かせやすい効果があります。
また、クランクベイトは根掛かり回避能力も高く、ロストする確率も低いため思い切って攻めることができます。
 

狙い方

 
シャローの敷石の上をヨタヨタと泳がせて釣るのが有効です。
本来、ディープクランクは底にリップを当てて障害物を回避したり、ミノーより高いアピール力で魚の捕食スイッチを入れますが、キジハタはとても警戒心が強い魚なので敷石や根にぶつけて平打ちさせるのではなく、その障害物のすぐ上をゆっくり通すことで油断した小魚を演出して食わせます。
 

クランクの使いどころ

 
シャローを攻める時に使うとされていますが、過去の記事でも書いたように大型のキジハタは沖の根に付いています。
足元にもいる可能性はありますが確率はかなり低いので大したサイズはそうそう釣れません。
ですが、ある一定の時期に狙いを絞ればとても有効な釣り方になります。
キジハタは産卵期にシャローに入ってきます。
時期的には9〜10月で、波止よりも地磯周りに集まります。
産卵場所は水深3〜5m程の根周りなので、クランクで狙うにはちょうどいい深さとなります。
この地磯でこそ、クランクベイトの真価が発揮されます。
 

おすすめのクランクベイト紹介

ティムコ マッドペッパーマグナム

 
ディープクランクの名作で重さ24.5gということもあり抜群の飛距離を誇ります。
また、潜行深度も5mとかなり潜るので攻めていけるポイントの幅も広がります。
全長8センチですがキジハタなら問題なくアタックしてきます。

 

 

エバーグリーン コンバットクランク 400

 
昔からあるコンバットシリーズの名作クランクですね。全長7センチ弱で21gもあり飛距離も申し分なしのルアーです。
潜行深度は4m。

 

 

ノリーズ ショットオーバー5

 
潜行深度5mのキレキレルアーです。
こなショットオーバーシリーズの7がタダ巻きで7m潜る化け物ルアーでしたが55gとメタルジグ並みの重さのため今回の紹介対象外となります。

 

 

スミス ディープシードゥ3

 
言わずと知れたスミスの名作クランク。
8gと軽量ですが、その確かな泳ぎとカラーバリエーションの豊富さで根強い人気を誇っています。
潜行深度は3mと少し浅めですが攻める場所次第で大きな武器になり得ます。

 

 

あとがき

 
海でクランクベイトを使う人はまだまだ少なく、たくさんの可能性が残されています。
キジハタの外道でヒラメや真鯛も連れていますし、そういった魚を狙って釣ることも可能なポテンシャルを秘めていると思います。
今後もキジハタクランキングからは目が離せそうにないですね!
 
ではでは

スイミングで狙う!ロックフィッシュのオススメワーム5選

今回は最盛期を迎えているロックフィッシュのオススメワームを紹介します。
 
ロックフィッシュはスイミングで狙うベイトパターンと、底を狙う甲殻類パターンの2パターンあるので今回はベイトパターンに適したワームについて、参考にしていただければと思います。
 

スイミングで狙えるロックフィッシュは?

代表的なターゲットはキジハタ(アコウ)、オオモンハタ、スジアラ、クエなどの所謂高級魚と呼ばれる魚達です。
中でも比較的狙いやすいのはキジハタ、オオモンハタです。
どちらもイワシなどのベイトを捕食しているときは根から離れて中層まで出てきて捕食します。
YouTubeでクエがトップで釣れた動画も見たことあるのでハードロックフィシと呼ばれる魚達もメバルのように表層まで来る可能性もありそうですが、それは滅多にないことでしょう。
 

スイミングに適したワームは?

ベイトパターンの時はイワシやアジ、イカナゴなどの小魚が捕食されているためスリムなワームが適しています。
特にシャッドテールのワームが人気です。
サイズはその時々で何を捕食しているかで変わりますが3〜4インチが使いやすいです。
同じワームでもサイズ別に持っておくと釣果に差が出ますよ。
テールの動きではグラブも有効です。
 

オススメワーム5選

Fish Allow Flash J シャッド

ワームのボディにアルミホイルを挟んでフラッシングさせる超リアルワームの代表格。
小型のボディでジグヘッドよりもスイミング用チャターなどと組み合わせることでその真価を発揮するワームです。
サイズは2〜5インチまで豊富に揃っておりカラーバリエーションも豊富なのが魅力です。
柔らかく強度が低いため余分に購入しておくといいでしょう。


 

molix RAシャッド

バス用ワームですがロックフィッシュにも有効です。
絶妙なカラーを揃えており、バス用のため強度も強く簡単にちぎれません。
そしてテールの動きがヌルヌルでリアルな動きを再現してくれます
サイズは3.8インチと4.5インチで少し大きめですが中型〜大型に狙いを絞るなら問題ないサイズです。

 

マグバイト スナッチバイトシャッド

形はFlash J シャッドに似ておりリアルな泳ぎを再現しています。
控えめなテールから発せられる振動がスレた魚も反応させるすごいやつです。
2層カラーになっているものもあり他メーカーとは違ったカラーバリエーションが楽しめます。


 

 

RUDIES ハタ喰い魚子

今最も気になるメーカーではないでしょうか。
その見た目も釣れそうな雰囲気プンプンですが、あの金丸竜児さんがプロデュースしており、ロックフィッシュに特化したワームになっています。
ラトルを仕込むこともでき、アピール力は他メーカーの比ではありませんね。
カラーも豊富で使いやすい!
サイズは3.5インチと4インチですが小型から大型まで釣れる万能ワームです


 

 エコギア バルト

大きなフラットサイドボディが特徴でアピール力の強いシャッドテールワームです。
そのボディが生み出す波動とフラッシングでターゲットにアピールします。
サイズは3.5インチ〜4インチでロックフィッシュだけでなくヒラメやマゴチ狙いでも重宝される優れものです。

 

 

 

 

あとがき

 

ロックフィッシュを狙う上でスイミングは非常に有効な釣り方です
ジグヘッドだけでなくチャターや専用のルアーと組み合わせることで様々な攻め方が可能になります。
ジグヘッドもたくさんの種類があるのでまた紹介していこうと思います。
 
ではでは

【初心者必見】メバリングのオススメワーム5選

今回は初心者の方にもオススメのメバリングワームを紹介していきます。
 
メバリングワームといってもアジングなどで併用可能なライトゲーム用として販売されているものが多いです。
オススメのワームを紹介する前にワームの選び方など紹介していきたいと思います。
 

メバリングワームの種類

 
メバリングワームは色んな種類のものが販売されています。
ただ巻きやダートなどに使うストレートタイプのものやアミパターンに合わせてゆっくり漂わせることのできるリング状のタイプなどがあります。
様々なパターンに対応するために複数種類を持っておくことがメバル攻略への第一歩です。
 
 

選び方

 
メバリングでは1.5インチ〜2インチが主力となります。
また、色によっても反応が違ったりするのでナチュラル系とアピール系の2色持っているとより釣りの幅が広がります。
チャートやピンク、クリア系が人気です。
また、フィールドによって強い色もあったりするのでよく行くポイントにあった色を見つけるのも上達への近道です。
あとはよく行くポイントのベイトが何かをしっかり把握してベイトに合わせたワームを使えば爆釣だって可能です。
 
それではオススメのワームを紹介していきます。
 

オススメワーム

第5位

JACKALL ペケリング2インチ
リング状のリブが特徴のファットなボディでゆっくり漂わせることが可能なワームです。
あみパターンで威力を発揮するワームの1つですね。


 

 

第4位

オフト スクリューテール 1.5インチ
ただのストレートワームのようでなぜかよく釣れますね。
昔から多くのアングラーに愛されているワームの1つです。
メバルだけでなくアジやサバ、外道などターゲットを問わずなんでも釣れるワームです。


 

第3位

JACKALL アミアミ2.3インチ
アミパターン最強のワームではないでしょうか。
0.5gの軽量ジグヘッドで流れに乗せればそれだけで釣れちゃうワームです。
ジグ単、フロートでの使用が主です。

 


 

第2位

DAIWA 月下美人ソードビーム2.2インチ
りんたここと岩崎林太郎さんが武器にしているワームですね。
針ズレしにくい設計なのでキャストでワームがずれることもほとんどありません。
こちらもただ巻きやダートなどにマルチに使える名作となります。
ケイムラパープルなんかよく釣れますね。


 

第1位

JACKALL キビキビナーゴ2インチ
 
ただ巻きで良し、ダートさせても良し、ドラフトで漂わせても良しの3拍子揃ったワームがこのキビキビナーゴです。
特に私のホームでもある瀬戸内海では無類の強さを発揮します。
クリアーピンクブルーフレークが一番のオススメカラーです。


 

 

あとがき

今回選んでいないワームにもオススメしたいもの、気になっているものがたくさんありますので気になっているものなど使ってみて、また紹介したいと思います。
 
ではでは。

穴釣りを楽しもう

今日は最近流行りの穴釣りを紹介していきます。
 
穴釣りはどこでも簡単にできる釣りとして昔からある釣りですが、最近では専用タックルが発売されるほど人気の釣りになってきました。
釣れないときの癒しの釣り、子供に簡単に釣らせたい時の釣りとして楽しむ方が多いようです。
 
それでは穴釣りを紹介していきます。
 

タックル

 
ロッドは1m前後の短めのものが使いやすいです。
キャスティングの釣りではなく、基本的に足元の釣りなので短めのものが扱いやすいです。
リールも小型のスピニングリールか小型のベイトリールでロッドに合わせましょう。
 
オススメはJACKALLのEGG ARM。
人気過ぎてなかなか店頭では見かけないですね。
 

https://www.jackall.co.jp/saltwater/wp-content/uploads/sites/3/2018/10/19e563b4add3af51f48c2807bc8bd0ae-1.jpg

※JACKALL HPから引用
 
デザインもオシャレです。
 
そして、DAIWAからもロッドとリールセットで専用タックルが出てます
コスパもいいのでこれは買いですね!
 
 

仕掛け

http://image.space.rakuten.co.jp/lg01/08/0000363108/48/img938d89eczik5zj.jpeg

穴釣りの仕掛けはブラクリと呼ばれるオモリの下にすぐ針のついたしかけが定番です。
ブラクリがないときにはアジング 、メバリングで使う小型のジグヘッドでも代用可能です。
なんならそのままワームつけて穴に入れても釣れます。
個人的にはマイクロテンヤ用のジグヘッドが一番使いやすいと思っております。
 

 
オキアミ、虫餌、蟹、貝など基本的には何でも釣れます。
魚肉ソーセージとかチーズでも釣れたりするので色々試す楽しさもありますね!
 

ターゲット

 
よく釣れるのはカサゴ、ソイなど。
その他にはメバル、アイナメ、ベラ、なんかも釣れます。
水深のあるところではキジハタ、アカハタなんかの高級ハタ類や、伊勢海老が釣れるところなんかもあります。
簡単な釣りで高級魚が釣れちゃうところも穴釣りの魅力ですね。
 

ポイント

敷石

波止の足回りの敷石の隙間に仕掛けを落とすと居ればすぐに釣れます。
干潮で敷石が出ている場所でも穴の中が海水に浸かっていればいる可能性は十分あります。
水深は30センチもあれば魚がいると思って狙ってみてください。
ただし、狙いやすいポイントなのですでに釣られた後なんてこともよくあるポイントになります。
 

ケーソンの割れ目

波止の継ぎ目の割れ目です。
ここにも確実に魚はいますが、難易度がかなり高いです。
ケーソンの割れ目には中に貝がたくさん付着しており仕掛けが絡まって取れなくなることもよくあります。
また、魚がかかってもカサゴなどエラを広げて狭い隙間に引っ掛けて出てこなかったりと魚にとっても安全な場所になっています。
こちらもメジャーポイントなので常に誰かが狙っているポイントだということは押さえておきましょう。
 

テトラ

テトラは狙える場所も多いため余程のことがない限り釣られた後だから釣れないなんてことはありません。
テトラでは敷石やケーソンの割れ目に比べて色んな魚が釣れるのが醍醐味になります。
 

ゴロタ場

ゴロタ場も水深30センチもあれば釣れます。
また水深が浅くても大型のカサゴなど潜んでいる確率も高いです。
釣り人のプレッシャーも低いので簡単に釣ります。
 

岩の割れ目など基本的に敷石と変わりませんがこちらもプレッシャーが低いため簡単に釣れます。
磯で穴釣りする人なんてなかなか見かけないのでかなり狙い目のポイントですね。
近場でも大型の根魚が釣れるかもしれませんね。
 

あとがき

簡単に紹介していきましたが、穴釣りではまだ小型の魚もたくさん釣れます。
カサゴなど大きくなるのに時間もかかるため、持ち帰って食べない魚はまた釣りができるようにリリースしてあげましょう。
釣りをいつまでも楽しむために環境を守ることも釣り人の責任だと思います。
 
ではでは
 

ランカーと出会う確率を上げる【キジハタ(アコウ)】

タイトルの通りですが、キジハタ(アコウ)のランカーと出会う確率を上げるために私が意識していることを紹介していこうと思います。

 

私は釣行回数が決して多くはないので1回の釣行でどうやって結果を出していくかを考えながらキジハタを狙った結果、専門的に狙い始めて1年経たずに50UPのキジハタに出会うことができました。

 

運も必要な要素ではありますが、少しでも参考になる部分があればと思いますので紹介します。

 

 

時期

まず、ランカーを狙うなら初夏(7月)~秋(10月)にかけてがいいでしょう。

この時期は大型のキジハタも産卵のために浅瀬に接岸します。

そして産卵が可能になるのは30cm以上のアコウとなるので少なくとも30cm以上の個体が釣れる可能性が飛躍的に上がります。

産卵前には産卵に向けて餌をドカ喰いし、産卵後も回復のために餌を求めて高活性となります。

産卵前の初夏であれば元気な個体が多く小魚などのベイトでも平気で追いかけるので捕食しているベイト次第では巻きの釣りで狙える確率が上がります。

逆に産卵後は回復しきっていない個体が回復のために餌を食べるため、テキサスリグなどでスローな釣りを展開していくといいでしょう。

産卵後、しっかり回復した個体も水温が下がり始めるまでは浅瀬に残ることが多いので10月末ぐらいまでは大型に出会える確率は高いと思います。

ちなみに私が50UPを捕獲したのは9月下旬でした。

 

f:id:StuAngler:20190824105914j:plain

52cmのムキムキなキジハタ

場所

波止

波止からであれば潮通しが良くて流れがあまり早くないところがいいと思います。

とびしまの水道筋は激流すぎるので水道筋から外れた場所で緩やかに流れている場所がいいでしょう。

その中でシモリが多く点在し、海藻など混じるポイントがあれば狙い目です。

ただし、足元で釣れるのは小型が多く、大型も釣れなくはないですが、基本的には大型は沖のシモリにつく傾向があるため、ロングキャストで狙うといいでしょう。

足元で大型が釣れても後が続かないので、単発になる可能性が高いです。

 

 地磯

こちらも波止と同じで潮通しのよいポイントがいいです。

磯ではシモリに海藻が絡む場所、且つ少し湾のようになっているポイントを探してください。

水深はそんなに深くなくても大丈夫です。

大事なのは産卵に適した場所であるかどうかです。

少し湾になった場所がいいのは浅瀬にフィッシュイーターがベイトを追い込んでくるのでキジハタはベイトが追い込まれる場所の近くに産卵ポイントを作っていれば餌に困らないからです。

私が釣った50upのアコウは水深4mもない場所であり、青物がイワシを何度も追い込んでナブラが出る場所でした。

 

時間帯

時間帯は朝まずめ、夕まずめなどありますがキジハタには地合いというものがあるのでまずめ時の潮を見ていくといいでしょう。

瀬戸内であれば潮どまりが絡む時間帯や、下げの時間帯を狙うことが多いです。

 

日本海であれば潮はあまり関係ないと思っていて、朝まずめ(特に日の出前)がヒット率が高いと思います。

 

狙い方

ベイトが小魚の場合

 まずはキジハタが何を捕食しているかを知る必要があります。

水面にベイトとなるたくさんの小魚がいれば、キジハタも小魚を捕食している可能性が高いです。

ベイトが小魚であればジグヘッドや、バサロなどの専用ルアーでのスイミングがベストです。

レンジをキープしながら巻いていき底から少しづつレンジを上げて攻めていくといいでしょう。

 

ベイトが甲殻類の場合

テキサスリグやジカリグでしっかりと底をとって狙いましょう。

誘い方はリフト&フォールが基本となります。

個人的な意見ですが大型は警戒心が強いためリフト時にあまりそこから羽あげさせないほうがいいと思います。

2,3回軽くしゃくってフォールから長めのステイで食わせの間を作ってください。

フォールから最低5秒は待ちましょう。

また、甲殻類を捕食していてもそれが蝦ではなく蟹だった場合、ずる引きが有効となります。

なぜなら蟹は底べったりで移動するからです。

ワタリガニなど泳げる種類もいますが、蟹の基本的な移動手段は歩きのため、ずる引きが有効となります。

 

何を捕食しているかわからないこともあると思いますが事前に釣具屋などで釣れているか&どうやって釣っているかの情報を仕入れてから釣行するといいでしょう。

 

ルアーサイズは?

3~3.5インチのワームが実績が高いです。

一番いいのはベイトと同じサイズのルアーを選択することですが上記のサイズを選んでいればまず間違いはないでしょう。

小さめの2インチでも釣れますが小さすぎると先にカサゴなどの外道が先にアタックしてくるので3インチ以上をお勧めします。

 

f:id:StuAngler:20190824192220j:plain

40Overのキジハタとイサキ

以上になりますが、少しでも参考になったでしょうか?

 

今後もランカーフィッシュについて思ったこと、実体験などがあれば追記していこうと思います。

 

ではでは!

【とびしま】アジを求めて

夏季休暇初日(8/10)の夜、とびしま海道にアジを求めて釣行してきました。

 

ずっと欲しかったAPIAのLegacy'SC STAY GOLD 86LXSをついに購入したので鱗付けするために迷わずいつもの実績ポイントに向かいました。


 

ちなみにこのロッドは生産終了らしく釣具屋で働く友人からAPIAにお願いしてもらってゲットできました。

(公式な発表はネットでも出ていなかったと思いますが友人からメーカー問い合わせで確認してもらったので間違いないかと。。。)

 

おそらく各釣具屋の店舗在庫のみしか出回っていないと思われるので買うか迷われている方は急いだほうがいいと思います。

 

インプレは改めて書こうと思います。

 

22時前にポイントに到着すると2人組の先行者が波止の先端に陣取っていたのでその隣に入らせてもらって釣行開始。

 

24時半が干潮だったため2時間半が勝負だなと思いながらいつものキビキビナーゴ2インチではなく月下美人ソードビームをセットして狙っていきます。



 

釣り始めて30分、アタリがないのでソードビームからキビキビナーゴにチェンジして数投目、25㎝ぐらいのワニゴチがヒット。(写真撮り忘れorz)

 

その後、23㎝のアコウがヒット!

 

f:id:StuAngler:20190815133420j:plain

 

メバリングタックルでこのサイズのアコウがかかると非常に楽しいですね!

 

その後、波止の先端にいた先行者が返ったため先端に移動。

 

ここで干潮を迎え、個人的には時合終了~

 

でもこの日は違いました。

 

アジは釣れないがカサゴ、アコウが良く釣れる。

 

f:id:StuAngler:20190815133819j:plain

f:id:StuAngler:20190815133827j:plainf:id:StuAngler:20190815133834j:plain

カサゴは着々とサイズアップしていき最大25㎝、数は二桁。

 

アコウは3匹でしたが20センチ前後の元気な個体が遊んでくれました。

 

どれもキビキビナーゴをジグ単、キャロでのドリフトでの釣果です。

 

f:id:StuAngler:20190815134116j:plain

f:id:StuAngler:20190815134126j:plain

 

そして最後に22センチのがっちりしたメバルが釣れて納竿!

 

f:id:StuAngler:20190815134300j:plain

 

アジが釣れていれば5目釣りになったんですが、十分楽しめたので良かったです。

 

今回は数もつれていい魚も釣れたので鱗付けもばっちりできたので今後、STAY GOLDにはしっかり活躍してもらおうと思います。

 

ではでは

 

 

【とびしま】激流アコウ攻略法

夏季休暇もちょうど真ん中。

 

さぁ、釣りのペースを上げていこうという矢先に大型台風接近という事で自宅警備員となっております。

 

この時期は毎年とびしまにアコウ狙いに行くのに台風で海の中もかき混ぜられて台風通過後もすぐには釣れないかもしれませんね。

 

激流が激濁りになることは間違いないでしょう。。。

 

前置きが長くなりましたが、今日はとびしま海道の激流アコウ攻略法について書いていこうと思います。

 

f:id:StuAngler:20190727223315j:plain

参考:アコウタックル

 

 

 

ポイント選び

一番大事なポイント選びですね。

 

とびしま海道は下蒲刈島、上蒲刈島、豊島、大崎下島、岡村島の5つの島からなる広島の釣りの名所です。

 

この島から島ヘは橋が架かっており車で渡ることができるのですが、この島と島の間の水道筋が基本的なポイントとなります。

 

アコウは潮通しが良くある程度水深のある場所、かつ根が点在する場所を好みます。

 

GoogleMapの航空写真を見てポイントを探したり釣具屋さんで釣果情報を聞いて、あらかじめいくつかポイントを絞っておくといいでしょう。

 

時間帯

アコウはデイでも釣れますが、とびしまでの釣果実績は圧倒的に夜が多いです。

 

まぁ最近の夏の暑さではデイゲームで粘ろうっていう人もそうそういないですがね。。。

 

とびしまは人気スポットなので早めに行って場所取りをしている人も多くポイントを決めていても先行者がいることが多いので釣り開始は夜でも少し早めにポイントに入っておくことをお勧めします。

 

f:id:StuAngler:20190710221455j:plain

デイで釣れた時の写真(小型)

 

 

潮は釣果に大きく影響します。

とびしま海道の水道筋は激流で釣りにならないような場所も数多く存在します。

 

場所によっては満潮、干潮の潮どまりを狙って短時間で勝負しなければなりません。

 

激流を少し外して狙う場合は上げよりも下げのほうが活性が高いと私は思っています。

(知人などの情報も含めて考察した結果ですので参考までに)

 

激流を狙う場合はあえて大潮・中潮を避けて小潮や長潮を狙うといいと思います。

 

釣り方

 

アコウは激流の根についており潮に乗って流れてくる餌を待っています。

 

特に海老やカニなどの甲殻類が主食なのでテキサスリグでの釣りがメインになります。

 

激流では潮上にルアーをキャストして着底させた後、根にあたるまで流れに乗せてドリフトさせます。

 

根にあたったところで軽くアクションしてやってダメなら再度キャストしての繰り返しになります。

 

この釣りは底をとれることが絶対条件になるので重めのシンカーを多数用意しておくことをお勧めします。

 

流れの緩いところや潮どまりを狙う場合、根を探してリフト&フォールで釣っていきます。

 

あまり大きなアクションはさせず小さいアクションで狙っていくほうがアコウに警戒されにくいと個人的には思っています。

 

実績ルアー


 


 

甲殻類系のワームが実績が高いですね。

 

他にも捕食しているベイトがイワシやアジであれば鉄板バイブレーションやバサロなどのスイミング系ルアーでもチャンスはあると思います。

 

あとがき

 

今年は小型のアコウが良く釣れているようです。

 

瀬戸内海ではアコウは幻の魚といわれるほど貴重な魚で個体数を増やすために福山のほうで稚魚の放流などを行っています。

 

30cm以下の小さなアコウは釣っても極力リリースしてまた釣れるようにしてあげましょう。

 

ではでは