釣り万歳

釣り万歳

瀬戸内での釣りをメインに書いていきます。

MENU

【速報】月下美人 AirAGS 68L-Tと19 バリスティック発表

表題の通り、発表されましたね!

 

DAIWAから2019秋モデルの『月下美人 AirAGS 68L-T』

『19 バリスティック』

 

りんたここと岩崎林太郎さんのYoutube動画にて発表されました。

※一足早くインスタのストーリーで挙がってましたがw

 

自分はSHIMANO派ですが前々から月下美人は気になってました。

 

その理由は、デザインがカッコいいからw

 

釣り道具を選ぶ基準は人それぞれだと思いますが自分はスペックはそこそこにデザインで選ぶことが多いです。

 

今一番気になっているロッドはAPIAのLegacy SC Stay Goldです。

 

あのネイビーで落ち着いた感じのデザインがたまらなくかっこよく感じます。

 

・・・脱線しました。

 

今回発表された月下美人は9月発売予定でまだまだスペックなど変更が入る可能性もあるようですが、年間50本以上尺メバルを釣っているりんたこさん監修なので最終的にはすごく良いロッドに仕上がるのではないでしょうか?

 


【速報】最強のメバル竿を公開します。2019秋発売!りんたこ監修の月下美人AirAGSがヤバ過ぎる【バランス最高】

 

そして19 バリスティック。

 

こちらもすごく良いリールのようです。

 

なんといっても軽さがすごい。

 

2500番が165g!

 

SHIMANOのVanquishは2500番が175gということで10gも軽いんです。

 

DAIWAとSHIMANOでは番手のサイズ感など多少差がありますが、これだけ軽いと腕の負担も少なくてより釣りに集中することができそうですね!

 


【速報】19バリスティックにソルト対応モデルが登場!禁断の軽さとコスパ!アジ、メバルといったライトゲームからSLJまで幅広いラインナップ!

 

どちらの製品も発売されたら釣具屋で手に取ってみようと思います。

 

値段もそこそこするので簡単には決断できませんが購入も要検討ですね!

 

ではでは

おすすめフローティングスカリ3選!

ようやく梅雨入りした感がありますね。

 

適度な雨は歓迎ですが豪雨は勘弁願いたい今日この頃です。

 

今回は私がお勧めしたい(というか欲しい)フローティングスカリについて書こうと思います。

 

 

フローティングスカリって何?

 

という方もいると思いますが、フローティングスカリとは釣った魚を生かしておくことができるネットです。

 

ネットに入れて海に浮かべておくことで魚を極力弱らせないようにキープしておくことができます。

 

このフローティングスカリは色んなメーカーから似たような商品が出ているので後程筆者目線で紹介していこうと思います。

 

フローティングスカリのメリット

 

上記でも紹介しましたが、釣った魚を弱らせずにキープすることが可能です。

釣れた魚がキープするかしないかのサイズの時にまだまだ釣れると思ってリリースした後、全く釣れずにあの魚をキープしておけばよかったなってことありますよね?

そんな時に魚を弱らせずにキープしておけるのが最大のメリットです。

ストリンガーでもいいのですが筆者は過去に50cmオーバーのキジハタを釣り上げてストリンガーでキープしていたのですが気づいたら暴れてストリンガーを外して逃げられていたことがあり、ストリンガーを信用していません・・・

なのでフローティングスカリをお勧めしています。

 

また、最初から釣れた魚を持ち帰るつもりでバケツに泳がせておくならいいのですが、持ち帰るつもりがなかったのにキープしてたら死んでしまったため仕方なく持ち帰る。

これは釣りを楽しむうえで避けたいことだと思います。

キープするにしても極力ダメージを与えないフローティングスカリはいい道具だと思っています。

必要な魚だけをキープして必要な分だけ持ち帰る。

気持ちよく釣りしたいですよね。

 

フローティングスカリのデメリット

 

そんなにデメリットはないかなと思ったんですが、やっぱり何にでもデメリットはありますね。

海に浮かべるものなので潮通しのいい場所だと流されたりして波止に密着したりして貝類などに絡んだり岩に引っかかったりすることがあります。

また、使用後に真水で洗わなければ恐ろしく臭くなりますw

あとはそこまで大きなサイズがないため大型魚をキープするときには使えないという点ですかね。

 

では、ここから私がお勧めするフローティングスカリを紹介していきます。

 

フローティングスカリの紹介

バレーヒル(ValleyHill) ロックフィッシュキーパー

f:id:StuAngler:20190630221028p:plain

Amazonから引用

バレーヒルから発売されているロックフィッシュキーパー。

防水バッグ、ロープ付き。

これは底に少し水が溜まるので釣れた魚を入れるために引き上げた際に魚を完全に水から出さないため魚へのダメージが少ないです。

夏場とか特に効果を発揮できそうですね。

 

ドレス(DRESS) フローティング スカリ +PLUS

f:id:StuAngler:20190630222257p:plain

DRESS HPから引用

DRESSのフローティングスカリ。

DRESS自体の人気もありすぐに完売してしまいます。

魚の投入口が大きいのが特徴でロックフィッシュキーパーより5cm横長の50cmまで入ります。

ロープは付属されていません。

見た目がカッコいいですよね。

 

MAGBITE フローティングスカリDX

f:id:StuAngler:20190630222851p:plain

MAGBITE HPから引用

私が最も欲しいフローティングスカリがこれです。

※予約入荷待ち状態です。

横幅が他の商品より圧倒的に大きく、何より折りたためるため他のフローティングスカリよりコンパクトに持ち運ぶことができます。

これなら50cmオーバーのキジハタもキープすることができますね!

ロープは別売りのようです。

今年の夏はこれでキジハタキープして必要最低限の魚だけ持ち帰るようにしようと思います。

 

上記で紹介したもの以外にも探せばまだまだあるかと思いますが私個人のお勧めですので参考までに。

 

ではでは。

 

梅雨メバル in 音戸

久々の釣行許可を得て、早朝のみの短時間釣行に行ってきました。

 

目的は梅雨メバル調査(ついでに太刀魚状況調査)

 

場所は昨年同時期に割といいサイズのメバルが釣れたポイント。

 

そして同時期に太刀魚も釣果情報が出ていたため淡い期待を持ってポイントに入りました。

 

まだ6月なのに早朝4時過ぎには外が明るくなり始めてる・・・

 

夏はすぐそこまで来ていますね。

 

さて、表題の『梅雨メバル』

 

 

梅雨メバルとは

メバルって冬から春にかけて狙うことができるターゲットで大型の個体も産卵のために浅場に入ってくるのがその時期なんですね。

春になってだんだん水温が上がってくると大型の個体は水温の安定している深場に移動するのですが、実は浅場に残っている個体も意外といるのです。

その個体を狙うのが『梅雨メバル』です。

数釣りは望めませんが釣れたらでかいという楽しみがあります。

 

なぜ梅雨に狙うのか?

メバルは高水温を嫌う魚のため、夏になり水温が上がると低活性になりなかなか口を使わなくなります。

人間も暑い日が続くと食欲なくなってきたり外に出て活動したくなくなりますよね?

メバルも同じです。

そんな時に雨が続いて水温が下がると活性が上がってチャンスが出てきます。

 

ポイントの選び方は?

ここが重要です。

ポイントを選ぶ際には水温が安定した場所を選びましょう。

ハイシーズンに爆釣したポイントが良いというわけではなく条件に合ったポイント選びが重要になります。

シャローエリアは避けて潮通しが良くなるべく水深のあるポイントを探していきましょう。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

という事で、まだ梅雨入りしてないですがフライングで調査に行ってきたわけですw

 

ポイントに入るとあたりはイワシがたくさん入っており、期待大!

 

さっそく釣り開始です。

 

最初に選んだのは信頼度抜群のJACKALL キビキビナーゴ2インチにジグヘッド0.75g。

 

イワシの群れが表層にいるので表層ただ巻きからスタート。

 

ベイトがこれだけいるんだから表層で喰うだろという安易な考えから表層を攻めます。

 

開始早々から釣れますが、サイズが・・・

f:id:StuAngler:20190622221625j:plain

 

表層には大きな個体はおらず・・・

 

まだ雨が少なく水温も下がっていないため厳しいのか?

 

そもそもイワシはたくさん入ってますがシーバスなどのフィッシュイーターも見当たりません。

 

表層がだめならばとメタルジグ5gに変えて中層から底を攻めますがアタリもなく沈黙。

 

最後は穴釣りして癒されて納竿となりました。

f:id:StuAngler:20190622223125j:plain

f:id:StuAngler:20190622223415j:plain

今日のタックル

 

そろそろ本格的に梅雨入りするので、また改めて調査に行ってきます。

 

ではでは!

釣った魚の締め方

こんばんは。

 

最近釣りに行けてないので更新しない。

なんてことはなく更新していきます。

 

皆さんは釣った魚をどうしてますか?

リリースする方もいれば持って帰って食べる人、知人にお土産にする人などいらっしゃると思います。

自分が釣った魚をせっかく食べるなら少しでも美味しく食べたいですよね?

 

今日は釣った魚を美味しく食べるために魚の締め方について書いていこうと思います。

 

 

魚を締めるとは?

【魚を締める】とは生きた魚の鮮度を保つために即死させることを言います。

これは釣った魚を美味しく食べるための手段です。

釣った魚の鮮度を落とさず持ち帰るためには重要な方法となります。

 

締め方は3種類

①氷締め

氷締めはイワシ、アジ、サバなどの小型魚向けの締め方です。

これら小型魚を締めるときはクーラーボックスにしっかりと氷と水を入れ氷水を作りその中に釣れた魚を入れます。

この時の氷水は海水を使って潮氷にするのがいいでしょう。

海水の塩分により氷水が0度近い温度を保てるので効率よく魚を締めることができます。

30センチ以下の魚であればすぐに締めることができます。

また、魚を直接氷水に入れまま持ち帰ると氷焼けしてしまう恐れがあるため、締めた後は水を抜いて魚体をビニール袋に入れるか新聞紙でくるむなど、傷めないように注意してください。

 

②血抜き締め

中型魚から大型魚を締めるときに使われる手法です。

小型のナイフが必要です。

中型魚以上は氷締めではなかなかすぐには死なないため暴れたりして血が回ってしまい鮮度を保つのが難しいです。

そこで血抜きをして締めます。

釣り上げた魚が元気なうちにエラの根元を切って海水につけておくことで血抜きができます。

尾にある脊髄を切るのも有効な方法です。

ある程度血が抜けたら直接氷につけないようにしてクーラーボックスで冷やして持ち帰れば鮮度を保つことができます。

 

③神経締め

漁師の技が広まって今では神経締めの道具も釣具屋で手に入る締め方です。

魚の目と目の間に神経締め用のアイスピックを突き刺しワイヤーを通して魚の神経をつぶすことで魚の身が死んだことに気づくのが遅くなると言われています。

大型魚では締めるのが難しいため中型魚向きの締め方になります。

釣った魚を熟成させて食べるときは神経締めはしないほうがいいいう噂もあります。

死んだことに気づくのが遅れる=熟成が進まないというのが理由だそうです。

私はもっぱら血抜き締めなのですが、機会があれば試してみようと思います。

 

さて、簡単ではありますが魚の締め方について書いてみました。

写真付きで紹介できていないのは魚締めるときに写真なんて撮れないよね?と思っているわけじゃなくていつも締めることに必死で忘れているだけなので撮れたら亢進しようと思いますw

 

ではでは

 

 

 

 

シマノ フリーゲーム S90ML インプレ【購入編】

こんばんは。

 

最近、職場の人とよく釣りに行くんですが、幾つか釣りグループがあってそれぞれ違う釣りをするのでタックル選びに困ることがあります。

 

特に餌釣りとなるとメバリングタックルではちょい投げも厳しいし、ショアジギタックルを使うのもなと・・・

 

そこで幅広いジャンルの釣りに対応できてリーズナブルかつ良さげなロッドはないかと考えた末に辿り着いたのがSHIMANOさんから発売されているフリーゲーム!!

 

今回はそのフリーゲームの中のS90MLを購入したので購入直後のインプレをしようと思います。

f:id:StuAngler:20190607234740j:plain

実釣編はまた後日!!

 

 

フリーゲームとは?

バスやトラウトなどの淡水ルアーゲームから、アジ・メバル・シーバス・太刀魚・アオリイカというショアソルトゲーム、ちょい投げやサビキ釣りといった幅広い釣りが展開可能な振出ロッド。

仕舞寸法は58.5~82.2cmで6~9.6フィートの9種類のラインナップが販売されている。

 

選んだ理由は?

このフリーゲームを選んだ理由は3つ。

1つ目は振出ロッドということ。

振出のルアーロッドってあまり良いイメージを持たれている方がいないと思います。

(自分もそうでした)。

曲がりが綺麗じゃなかったり、作りが安っぽかったり・・・

 

それが実際に釣具屋で手に取ってみると2ピースロッドと遜色ない曲がりに、リールシートも高級感があってこれまでの振出ロッドとは違うなという印象。

 

在庫がなかったのですぐに注文しましたw

 

2つ目は価格。

 9種類のラインナップがある中で最高額でも1万円以下!

これはお小遣いの少ないお父様方にもお勧めできる価格帯ですねw

価格は安いのに見た目の高級感もあってお得な買い物をした気になれます。

 

f:id:StuAngler:20190607234710j:plain

 

3つ目は対応力。

f:id:StuAngler:20190607234622p:plain

シマノから引用

90MLだけでも幅広い対象魚・釣法がありますね。
あまりやることのなかった太刀魚やアオリイカもこの1本があれば十分やれるし、根魚やシーバス、小型青物なんかもやれちゃうから車のトランクに忍ばせとけばどんな状況でも対応が可能。

 

自分の釣りの可能性を広げてくれる1本だと思っています。

たまにキスなんかもちょい投げで釣りたくなったりするし、ちょうどいいロッドを購入することができました。

 

合わせるリールは?

シマノのロッドにはシマノのリールという事で3000番ぐらいがちょうどいいのかなと。

私は小型のリールが2500番しかないのでまずは2500番で実釣してみようと思っています。

やっぱりもう少し大きい番手がいいなと思えば3000番のリール購入を検討しようかと思います。(もうすぐ19ストラディックも出ますしねw)

 

 

まぁ、これから梅雨入りしてなかなか釣りに行く機会が作れないかもしれませんがこのロッドで早く1本釣ってやろうと思います。

 

良い魚が釣れるまで実釣編はお待ちください。

 

ではでは

 

 

かぶせ釣り【餌編】

こんばんは。

 

みなさんはかぶせ釣りをご存知ですか?

 

今回は巷で人気上昇中のかぶせ釣りについて書いていこうと思います。

 

といっても釣り方や仕掛けなどの情報はネット上でゴロゴロとしていますが、餌の準備方法はなかなかアップされていないためこの記事で紹介していこうと思います。

 

 

 

 

 

かぶせ釣りとは?

 牡蠣を餌にした釣り方で、大型のコブダイ、チヌ、石鯛などが釣れることから広島県下で人気が急上昇の釣り方です。

 

主な釣り場は波止の護岸や筏と足場もよく身近な場所で始められるところも人気の理由の一つでしょう。

 

最近ではYouTuberの方も数多くのコブダイや石鯛を釣った動画をアップされていますね。

 

 

餌は何?

 主な餌は牡蠣を使用します。

 

その他にはムラサキガイがよく使われていますね。

 

牡蠣は撒き餌用(どんなものでもよい)とサシエ用(なるべく殻が丸いもの)を用意しましょう。

 

殻が丸い牡蠣は身が大きいのでサシエ用にします。

 

 

餌は購入するの?

  餌となる牡蠣は釣具屋に行っても売っていません。

(もしかしたら取り扱っているところはあるかもしれませんが私は見たことがありません)

 

ネット上で購入できるサイトはあるようですがネットで購入すると鮮度や受け取りの問題などもあり、準備のハードルがあがってしまいます。

 

何より牡蠣という貝は購入するとかなりコストがかかります。

 

お財布にやさしくない釣りが流行るわけはありません。

 

 

どうやって入手するの?

 牡蠣は自分の手で採ります。

牡蠣という貝は護岸や岩場など身近に数多く存在しています。

 

干潮など潮が引いたタイミングで護岸や岩場に行くとだいたいどこにでもいます。

 

 

道具は?

 ミノとハンマーがあれば護岸や岩から牡蠣をはがすのも簡単です。

 

採った牡蠣を入れるバケツも必要です。

 

採るときの注意点として牡蠣殻はとても鋭いのでけが防止のために軍手など手袋をするようにして下さい。

 

釣りする前に手が血だらけになったら楽しめませんからね!

 

 

どこでも採っていいの?

 ここが読者の方が最も知りたいポイントでしょう。

海には漁業権というものが存在しています。

 

漁業権については自分で調べていただければと思いますが、簡単にいうと漁業権がある場所で勝手に牡蠣を採ると密漁になり罰せられます。

 

ばれなければ問題ないというものではなく、釣り人のモラル・マナーの問題なので牡蠣を採る際はその場所に漁業権があるか調べてから採るようにして下さい。

 

※近年、釣り人のマナー違反で釣り禁止の波止が増えています。

自分たちで大好きな釣りができる場所を減らさないためにも最低限のマナーをもって気持ちよく釣りをしましょう。

 

ちなみに広島県の漁業権については下記で確認できますので、気になる方は確認してみてください。

 

www.pref.hiroshima.lg.jp

 

このように身近で餌も用意できて大物も釣れることから人気なかぶせ釣り。

 

今後もますますチャレンジされる方が増えると思いますが餌となる牡蠣も無限にあるわけではないのである程度の節度を持って誰もが楽しめるよう配慮しながらやっていただければと思います。

 

ではでは

 

 

 

 

 

たまにヒラメが食べたくなる!

たまにアレが食べたい、コレが食べたいって時ありますよね?

 

釣りする方なら普段釣れない魚だったり、釣れるけど小さすぎてキープできない魚だったり。

 

自分はヒラメが食べたくなることがよくあります。

 

あのきれいな白身。

 

こりこりの食感。

 

たまりませんね。

 

でも、瀬戸内海ってヒラメが釣れるイメージないんですよね。

 

決していないわけじゃないんですよ。

 

ただ狙ってる人が少ないだけで、ちゃんと狙えば釣れるんです。

 

広島でもサーフはあるし、潮通しの良い場所を選べばヒラメはいるはずです。

 

最近は釣行回数が限られてるのでアジング・メバリングしか行ってないですが数年前に広島県の倉橋島で釣ることができました。

 

f:id:StuAngler:20190528220247j:plain

サイズは40センチ程度とたいした大きさではないですが奥さんと二人で食べるには十分です。

 

写真は明るくなってから撮影しましたが、まだ夜明け前の薄暗い時間帯から釣り始めて1投目でヒットしました。

 

ヒットルアーはMajorCraftのジグパラ30g(赤金)。

 

アクションは3回しゃくってテンションフォールの繰り返し。

 

60mぐらいキャストして残り20mぐらいのところでヒットしました。

 

釣れた場所は小さい根が点在するサーフで潮通しの良い場所でした。

 

ここでは他にもマゴチ、真鯛、シーバス、ブリなんかも実績があるらしいのでたまにはいきたいのですがこれからさらに暑くなってくるので早朝短時間勝負か秋になってからですかね。

 

ちなみにこの時釣れたヒラメはお刺身で美味しくいただきました。

(ヒラメを自分で捌いたのは初めてだったので盛り付け含めて素人感満載ですw)

 

f:id:StuAngler:20190528221256j:plain

お皿は大きなものがなかったので急遽ダイソーで探し出したお皿ですがなかなか見栄えは良く見えると自負しておりますw

 

ヒラメに限らず様々な魚が意外と身近にいるけど知られていない。

 

そんな魚を狙って釣って情報を配信していけるよう私も精進しつつ楽しいフィッシングライフを送っていきたいものです。

 

ではでは