釣り万歳

釣り万歳

瀬戸内での釣りをメインに書いていきます。

MENU

ロックフィッシュやるならベイトでしょ!【リール編】

西日本は各地で大雨の週末でした。

 

釣りに行けない・・・

 

もう夏はすぐそこなのに。

 

夏といえばロックフィッシュが旬ですね!

 

私の釣りのルーツはバスフィッシングなので似た感覚のロックフィッシュには特に思い入れがあります。

 

広島ではアコウ(キジハタ)・カサゴ・ソイ、山陰に行けばクエ、マハタなど魅力あふれるロックフィッシュを狙うことができます。

 

そんなロックフィッシュを狙うとき、私はベイトタックルを使っています。

 

今日はなぜベイトタックルを使うのか、どんなベイトリールを選べばいいのかご紹介していきます。

 

 

 なぜベイトリールを使うのか?

ロックフィッシュの魅力といえば何といってもそのパワフルな引きの強さです。

ルアーを口にしたらすぐに反転して根に向かって走ります。

この一瞬で遅れるとなかなか根から出てこないため諦めるなんてことにもなります。

特にフォール中や着底直後にあたることも多いためそういったあたりに反応して合わせを入れてゴリ巻きするにはベイトリールが適しています。

 

どんなベイトリールがいいのか?

リールは海水OKのリールであれば使うこと自体は問題ありません。

好みの問題にはなってきますが、基本的には円型タイプかロープロ型タイプの2種類になります。

選ぶ基準で言えばハイギアのものがいいでしょう。

ハンドルは右でも左でもお好みで選んで問題ありません。

ここからは私がお勧めする円型/ロープロ型タイプのリールを紹介していきます。

 

円型の紹介

やはり円型の代表格といえばSHIMANOさんのカルカッタコンクエストでしょう。

投げて良し、巻いてよし、かけて良しの三拍子がそろっています。

見た目も渋くカッコいい!

ちなみに私も使っていますw

 

続いてDAIWAさんのリョウガ。

ブラックでシンプルなデザインがカッコいいですね。

オフショアでタイラバなどによく使われていますがキャスティングでも十分使用できるDAIWAの傑作です。

 

ロープロ型の紹介

ロープロ型で最高峰のアンタレス。

その飛距離、巻き心地、パーミングのし易さは他の追随を許さない。

まさしく最高峰ですね。

欲しいですが私には手が届きませんw

 

DAIWAさんのジリオン。

使ってる方がかなり多い人気のリールですね。

価格もアンタレスと比較するとそこまで高くない印象ですが機能は抜群でおススメです。

 

あとがき

個人的な視点で紹介してみましたが、あくまでも参考程度に見ていただけると幸いです。

選ぶ際にはもちろん予算やターゲットに合わせたリール選びをして楽しく釣りをしていきましょう。

 

ではでは。

 

 

 

 

 

 

 

 

瀬戸内メバリングタックルの選び方【ロッド編】

なかなか釣りに行く時間がないので今日は瀬戸内海メインでこれからメバリングをはじめる方、タックルを買い替えたいけど何を基準に選べばいいかわからない方に、あくまでも個人的な意見ではありますがタックルの選び方を紹介していきます。

 

参考程度に読んでもらえれば幸いです。

 

私は何本もロッドを持ち歩くのは好きではないので1本で色んな釣りに対応できるロッドを選んでいます。

ランガンするときに荷物は少ないほうがいいし、荷物が増えて両手がふさがるとケガにもつながるので軽装スタイルを推奨してます。

 

f:id:StuAngler:20190716222451j:plain

 

  

瀬戸内メバリングタックルの選び方1:レングス

まずメバリングロッドを選ぶうえで考慮すべきことはレングスです。

瀬戸内海においては長めのロッドをお勧めします。

 

長いロッドは慣れるまで少し扱いが難しいかもしれませんが、遠投性が高く広範囲を探ることができます。

また、潮の干満差が激しい瀬戸内海においては満潮では気にならなくても干潮になると海面との高さが開いてかかった魚を抜き上げるときに短いロッドだと抜き上げに失敗することがあります。

※瀬戸内海の最大干満差は4mのところがあるそうです・・・

 

タモを使うのが一番ですがタモを持ち歩かない方などにとってはロッドは長いほうがいいでしょう。

瀬戸内メバリングタックルの選び方1:ティップ

次にティップです。

 

ティップはソリッドティップとチューブラーの2タイプがあり、それぞれ適した釣りがあるので紹介していきます。

 

f:id:StuAngler:20190716222329p:plain

http://cycle-japan.com/ajingrod/引用

 ソリッドティップ

ソリッドティップはしなやかな曲がりが特徴で非常に食い込みが良くショートバイトでもうまく食わせてくれるティップです。

クッション性もいいので細いラインでシビアなコンディションの中での釣りにも適しています。

 

これだけ聞けばソリッドティップでいいじゃんと思うかもしれませんがデメリットもあります。

 

それはメリットでもあるしなやかな曲がりが自分からアクションさせて食わせに行く釣りには向かない点です。

 

キビキビ動かすダート系のルアーや、メタルジグには適していません。

 

適しているのはドリフトやただ巻きなどの釣りになります。

 

また、口の柔らかいアジなどの魚にも適しています。

 

チューブラー 

 

次にチューブラーですが、反発力が強く感度が良いため小さなアタリをとることができ魚のヒット率を上げる要因にもなります。

 

その反発力でキビキビとルアーを操りリアクションで喰わせていく釣りに適しています。

メバルだけでなくカサゴやアコウなどロックフィッシュも念頭に置いた釣りであればチューブラーを推奨します。

 

デメリットはソリッドティップの逆で反発力が強いのでアジなどの口の柔らかい魚には適していません。

 

 あとがき

ちなみに私は行く場所と狙う魚種によってソリッドティップとチューブラーを使い分けています。

道具を選んで釣るのも釣りの醍醐味ですね!

 

というわけで個人的な意見を書いていきましたが、あくまでも参考に読んでいただければと思います。

 

各々の釣り方に合ったロッドを選ぶべきですし、10人いれば10通りの釣りがあるものですからね。

 

f:id:StuAngler:20190622223415j:plain

 

ではでは

 

釣った魚をその場で食べる【BBQ編】

広島も梅雨入りからようやく雨が降り始めました。

 

梅雨メバル釣りに行きたいけどもう夏になろうかという感じなので今年の梅雨メバルは若干あきらめ気味です。

 

でも夏といえばBBQ!

 

釣った魚もその場で食べられれば最高ですよね?

 

夏目前という事で今日は釣った魚を簡単にBBQできちゃう方法をご紹介します。

 

  

BBQセットについて

これが一番大事なんですが、使い捨てグリルを使用します。

 

使い捨てグリルにもいろいろな種類があって500円以下で購入できるものもあるのですが、ごみの分別や処理方法を考えた結果、私が一番お勧めしたい使い捨てグリルを紹介します。

 

それがこちら!

 

 

これは段ボールでできていて網の部分は竹串になっています。

約1時間使用することができます。

軽量なので持ち運ぶ時も負担が少ないです。

 

木炭もついていて1個1240円という値段が魅力的です。

 

使い捨てグリルのメリット

メリットは何といっても燃えるごみとして処分できることです。

 

ちゃんとしたBBQセットのほうが長時間使えて一度にたくさん焼くことができるのは当然ですが、片付けが大変ですよね?

 

何より釣りをしながら使うとなれば海水で洗うか洗うためにペットボトルの水を大量に用意するなど処理に時間がかかってしまいます。

 

それに比べて使い捨てグリルは使用後は炭の火が消えていることを確認すれば燃えるごみとして処分するだけ。

 

片付けに時間もかからないため釣りの時間を削ることなくBBQを楽しむことができます。

 

使い捨てグリルのデメリット

 

もちろんデメリットもあって、段ボールでできているので湿気に弱いです。

 

湿気の多い日は使用を避けたいですし、使用中に海水がかかったりしたらダメになることもあるので注意が必要です。

また1時間という制限がある中で場合によっては1時間持たないこともあるかもしれません。

 

あとがき

メリット・デメリットを書きましたが、私も先日使い捨てコンロで釣った魚をその場で焼いて食べました。

 

とても美味しく食べることができましたし、何より同行者と楽しい時間を過ごすことができて良かったことしか頭に浮かんできませんw

 

色んな種類があるので自分の使い方に合ったもので釣りとBBQを楽しんでいただくのが一番ですが少しでも参考になれば幸いです。

 

※注意

釣り場でのBBQは近隣住民に迷惑にならないように行ってください。

騒いで苦情が出たりごみを放置して帰るとか現地の方へ迷惑をかけてしまうと釣り場自体が釣り禁止になってしまう恐れがありますので十分に気を付けて釣りを楽しんでください。

 

ではでは

 

 

 

 

 

 

アコウの刺身【熟成編】

先日、会社の同僚ととびしま海道に釣りに行ってきました。

 

狙いは梅雨メバル、アジ、太刀魚、シーバスなどなど、いわゆる五目釣りです。

 

7月に入り本格的に暑さがやばくなってきましたが、夕方からポイントに入り日が沈むまで適当に釣りして日が沈んでから集中して釣ろうと思っていました。

 

そうこうしているとランガンしていた同僚が40弱のアコウをゲット。

 

f:id:StuAngler:20190710221455j:plain

 

いきなり?!という感じで幸先よく釣れたため、今日は爆釣か?と思ったものの後が続かず小メバルが釣れ続くのみで日付が変わるころまで粘り納竿しました。

 

途中、ナイスサイズのサヨリとナイスサイズのカサゴが釣れたので使い捨てコンロでプチBBQ。

 

釣れたては美味い!

 

そしてアコウは同僚が持って帰っていいよと言ってくれたのでせっかくだから熟成させて食べることにしました。

 

 

なぜ熟成させるのか?

 

それは、ある程度寝かせたほうが刺身は美味しくなるという説があるためです。

魚は新鮮さが命と思われがちですが、ある程度寝かせたほうが旨味がぐっと増すそうです。

魚は死後、身体のATP(アデノシン三リン酸)という成分がIMP(イノシン酸)という旨味に変化します。

締めた直後ではこのATPがIMPに変わっていないため味が薄いということです。

釣りたてのほうが身がコリコリしていて美味しいという事もありますが食感と旨味は別の話なので旨味に関しては断然熟成のほうがいいようです。

 

どんな魚でも熟成がいいの?

 

熟成には向き不向きが存在します。

 

向いているのは白身魚です。

真鯛、アコウ、クエなど大型の白身魚は熟成することでより美味しく食べることができます。

 

逆にアジ、サバ、サワラなどのいわゆる青魚は熟成には不向きといわれています。

それは鮮度劣化が早く、熟成の見極めが難しいためです。

 

どうやって熟成させるの?

 

魚を熟成させるときは魚を三枚におろして身の部分だけを熟成させます。

熟成する際は魚を塩でもんでキッチンペーパーで巻いて冷蔵庫で寝かせるのがしゅりゅうですが、私は『かめや釣り具』で購入したこれを使いました。

f:id:StuAngler:20190710221530j:plain

三枚におろした魚の身をつつんで冷蔵庫で寝かせるだけ!

 

簡単!!

 

3日寝かせた結果がこちら↓↓↓

 

f:id:StuAngler:20190710221700j:plain

 

余計な水分が抜けて身がもちもちになっていました。

食べごろがわからず何となく3日寝かせてみましたが早かったのか遅かったのかはこれからも挑戦してみないと何とも言えません・・・笑

 

熟成した結果は?

 

1つだけ言えることは、美味かった!

 

f:id:StuAngler:20190710221936j:plain

 

刺身醤油をきらしていたため普通の醤油で食べたのはマイナスポイントでしたがそれでも十分な美味さ。

 

これは今後も続けていって食べごろを見極める目を身に付けていかねばと思いました。

 

今後もアコウが釣れた時にはアップしていこうと思います。

 

ではでは

 

【速報】月下美人 AirAGS 68L-Tと19 バリスティック発表

表題の通り、発表されましたね!

 

DAIWAから2019秋モデルの『月下美人 AirAGS 68L-T』

『19 バリスティック』

 

りんたここと岩崎林太郎さんのYoutube動画にて発表されました。

※一足早くインスタのストーリーで挙がってましたがw

 

自分はSHIMANO派ですが前々から月下美人は気になってました。

 

その理由は、デザインがカッコいいからw

 

釣り道具を選ぶ基準は人それぞれだと思いますが自分はスペックはそこそこにデザインで選ぶことが多いです。

 

今一番気になっているロッドはAPIAのLegacy SC Stay Goldです。

 

あのネイビーで落ち着いた感じのデザインがたまらなくかっこよく感じます。

 

・・・脱線しました。

 

今回発表された月下美人は9月発売予定でまだまだスペックなど変更が入る可能性もあるようですが、年間50本以上尺メバルを釣っているりんたこさん監修なので最終的にはすごく良いロッドに仕上がるのではないでしょうか?

 


【速報】最強のメバル竿を公開します。2019秋発売!りんたこ監修の月下美人AirAGSがヤバ過ぎる【バランス最高】

 

そして19 バリスティック。

 

こちらもすごく良いリールのようです。

 

なんといっても軽さがすごい。

 

2500番が165g!

 

SHIMANOのVanquishは2500番が175gということで10gも軽いんです。

 

DAIWAとSHIMANOでは番手のサイズ感など多少差がありますが、これだけ軽いと腕の負担も少なくてより釣りに集中することができそうですね!

 


【速報】19バリスティックにソルト対応モデルが登場!禁断の軽さとコスパ!アジ、メバルといったライトゲームからSLJまで幅広いラインナップ!

 

どちらの製品も発売されたら釣具屋で手に取ってみようと思います。

 

値段もそこそこするので簡単には決断できませんが購入も要検討ですね!

 

ではでは

おすすめフローティングスカリ3選!

ようやく梅雨入りした感がありますね。

 

適度な雨は歓迎ですが豪雨は勘弁願いたい今日この頃です。

 

今回は私がお勧めしたい(というか欲しい)フローティングスカリについて書こうと思います。

 

 

フローティングスカリって何?

 

という方もいると思いますが、フローティングスカリとは釣った魚を生かしておくことができるネットです。

 

ネットに入れて海に浮かべておくことで魚を極力弱らせないようにキープしておくことができます。

 

このフローティングスカリは色んなメーカーから似たような商品が出ているので後程筆者目線で紹介していこうと思います。

 

フローティングスカリのメリット

 

上記でも紹介しましたが、釣った魚を弱らせずにキープすることが可能です。

釣れた魚がキープするかしないかのサイズの時にまだまだ釣れると思ってリリースした後、全く釣れずにあの魚をキープしておけばよかったなってことありますよね?

そんな時に魚を弱らせずにキープしておけるのが最大のメリットです。

ストリンガーでもいいのですが筆者は過去に50cmオーバーのキジハタを釣り上げてストリンガーでキープしていたのですが気づいたら暴れてストリンガーを外して逃げられていたことがあり、ストリンガーを信用していません・・・

なのでフローティングスカリをお勧めしています。

 

また、最初から釣れた魚を持ち帰るつもりでバケツに泳がせておくならいいのですが、持ち帰るつもりがなかったのにキープしてたら死んでしまったため仕方なく持ち帰る。

これは釣りを楽しむうえで避けたいことだと思います。

キープするにしても極力ダメージを与えないフローティングスカリはいい道具だと思っています。

必要な魚だけをキープして必要な分だけ持ち帰る。

気持ちよく釣りしたいですよね。

 

フローティングスカリのデメリット

 

そんなにデメリットはないかなと思ったんですが、やっぱり何にでもデメリットはありますね。

海に浮かべるものなので潮通しのいい場所だと流されたりして波止に密着したりして貝類などに絡んだり岩に引っかかったりすることがあります。

また、使用後に真水で洗わなければ恐ろしく臭くなりますw

あとはそこまで大きなサイズがないため大型魚をキープするときには使えないという点ですかね。

 

では、ここから私がお勧めするフローティングスカリを紹介していきます。

 

フローティングスカリの紹介

バレーヒル(ValleyHill) ロックフィッシュキーパー

f:id:StuAngler:20190630221028p:plain

Amazonから引用

バレーヒルから発売されているロックフィッシュキーパー。

防水バッグ、ロープ付き。

これは底に少し水が溜まるので釣れた魚を入れるために引き上げた際に魚を完全に水から出さないため魚へのダメージが少ないです。

夏場とか特に効果を発揮できそうですね。

 

ドレス(DRESS) フローティング スカリ +PLUS

f:id:StuAngler:20190630222257p:plain

DRESS HPから引用

DRESSのフローティングスカリ。

DRESS自体の人気もありすぐに完売してしまいます。

魚の投入口が大きいのが特徴でロックフィッシュキーパーより5cm横長の50cmまで入ります。

ロープは付属されていません。

見た目がカッコいいですよね。

 

MAGBITE フローティングスカリDX

f:id:StuAngler:20190630222851p:plain

MAGBITE HPから引用

私が最も欲しいフローティングスカリがこれです。

※予約入荷待ち状態です。

横幅が他の商品より圧倒的に大きく、何より折りたためるため他のフローティングスカリよりコンパクトに持ち運ぶことができます。

これなら50cmオーバーのキジハタもキープすることができますね!

ロープは別売りのようです。

今年の夏はこれでキジハタキープして必要最低限の魚だけ持ち帰るようにしようと思います。

 

上記で紹介したもの以外にも探せばまだまだあるかと思いますが私個人のお勧めですので参考までに。

 

ではでは。

 

梅雨メバル in 音戸

久々の釣行許可を得て、早朝のみの短時間釣行に行ってきました。

 

目的は梅雨メバル調査(ついでに太刀魚状況調査)

 

場所は昨年同時期に割といいサイズのメバルが釣れたポイント。

 

そして同時期に太刀魚も釣果情報が出ていたため淡い期待を持ってポイントに入りました。

 

まだ6月なのに早朝4時過ぎには外が明るくなり始めてる・・・

 

夏はすぐそこまで来ていますね。

 

さて、表題の『梅雨メバル』

 

 

梅雨メバルとは

メバルって冬から春にかけて狙うことができるターゲットで大型の個体も産卵のために浅場に入ってくるのがその時期なんですね。

春になってだんだん水温が上がってくると大型の個体は水温の安定している深場に移動するのですが、実は浅場に残っている個体も意外といるのです。

その個体を狙うのが『梅雨メバル』です。

数釣りは望めませんが釣れたらでかいという楽しみがあります。

 

なぜ梅雨に狙うのか?

メバルは高水温を嫌う魚のため、夏になり水温が上がると低活性になりなかなか口を使わなくなります。

人間も暑い日が続くと食欲なくなってきたり外に出て活動したくなくなりますよね?

メバルも同じです。

そんな時に雨が続いて水温が下がると活性が上がってチャンスが出てきます。

 

ポイントの選び方は?

ここが重要です。

ポイントを選ぶ際には水温が安定した場所を選びましょう。

ハイシーズンに爆釣したポイントが良いというわけではなく条件に合ったポイント選びが重要になります。

シャローエリアは避けて潮通しが良くなるべく水深のあるポイントを探していきましょう。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

という事で、まだ梅雨入りしてないですがフライングで調査に行ってきたわけですw

 

ポイントに入るとあたりはイワシがたくさん入っており、期待大!

 

さっそく釣り開始です。

 

最初に選んだのは信頼度抜群のJACKALL キビキビナーゴ2インチにジグヘッド0.75g。

 

イワシの群れが表層にいるので表層ただ巻きからスタート。

 

ベイトがこれだけいるんだから表層で喰うだろという安易な考えから表層を攻めます。

 

開始早々から釣れますが、サイズが・・・

f:id:StuAngler:20190622221625j:plain

 

表層には大きな個体はおらず・・・

 

まだ雨が少なく水温も下がっていないため厳しいのか?

 

そもそもイワシはたくさん入ってますがシーバスなどのフィッシュイーターも見当たりません。

 

表層がだめならばとメタルジグ5gに変えて中層から底を攻めますがアタリもなく沈黙。

 

最後は穴釣りして癒されて納竿となりました。

f:id:StuAngler:20190622223125j:plain

f:id:StuAngler:20190622223415j:plain

今日のタックル

 

そろそろ本格的に梅雨入りするので、また改めて調査に行ってきます。

 

ではでは!