釣り万歳

釣り万歳

瀬戸内での釣りをメインに書いていきます。

MENU

沖波止の洗礼(GW編)

GWが終わり休みボケも抜けてたところでGWの釣りを振り返る。

 

GW前半で会社の同僚と3人で釣りに行く計画を立てた。

 

3人のうち1人は今回が初めての釣り。

 

でも、どうせやるならでかいの釣ろうということで、山陰でヒラマサが上がっているという情報からショアジギをすることに。

 

初心者ながら渡船で沖波止にわたろうという我々の要求に躊躇しながらも、どうせやるならということで、ロッド・リール・ライフジャケットなど道具を揃えて日々気持ちを高める。

 

・・・が、ここで一つ問題が発生。

 

3人の予定が合う日が1日しかなく、しかも雨予報(100%)。

 

道具もそろえてもらったのに中止は避けたい・・・

 

雨でも行く気だったが渡船が出航できなければ行く意味もない。

 

予定日前日に電話して決めようという事でそのままGWに突入。

 

そして予定日前日を迎え、渡船屋に電話すると

 

『出航予定ですよ~』

 

雨天決行が決まりました。

 

深夜1時に出発し2人を拾って山陰に向かう道中にポツポツと雨が・・・

 

嫌な予感がしていましたが広島から島根に入るころには雨もやみ、無事に渡船屋に到着。

 

早く着きすぎたので初心者のキャスト練習開始w

 

数投して意外と投げれることがわかったのでのんびり準備していざ出航。

 

今回お世話になったのは三隅火電波止近くの辰丸さん。

 

船長が気さくで穏やかな方で、年に数回お世話になっています。

 

1番船で波止に上がり日の出前から釣り開始。

 

f:id:StuAngler:20190521222905j:plain

 

しかし、何も当たりません。

 

元々雨予報でGWなのに釣り人も少なく、チャンスのはずなのに餌師も釣れてない様子。

 

すると日が昇ったころに波止の先端で豆ヒラが1本。

 

さらに泳がせに70cmオーバーのヒラメ。

 

今年の山陰はヒラメが好調ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

・・・しかしこの日はここまで。

 

1日中潮が動かず何を投げてもアタリもない。

 

心が折れた初心者は波止の傾斜をリクライニングと言いながら爆睡。

 

いびきをかくほど深い眠りにつき、1時間半ほどたったころ起床。

 

そこからは坊主逃れのためにもう1人が用意してくれたコイワシの塩漬けでカサゴ釣って遊ぶのみ。

 

初心者の方にとっては初めてのショアジギで洗礼を受ける形になりました。

 

我々もなんですけどね・・・

 

次は釣っちゃる!と言い残し、この遠征は終了しました。

(お土産がないので帰りに浜田のお魚センターでのどぐろ買って帰りました。)