釣り万歳

瀬戸内での釣りをメインに書いていきます。

釣った魚の締め方

スポンサーリンク

こんばんは。

 

最近釣りに行けてないので更新しない。

なんてことはなく更新していきます。

 

皆さんは釣った魚をどうしてますか?

リリースする方もいれば持って帰って食べる人、知人にお土産にする人などいらっしゃると思います。

自分が釣った魚をせっかく食べるなら少しでも美味しく食べたいですよね?

 

今日は釣った魚を美味しく食べるために魚の締め方について書いていこうと思います。

 

 

魚を締めるとは?

【魚を締める】とは生きた魚の鮮度を保つために即死させることを言います。

これは釣った魚を美味しく食べるための手段です。

釣った魚の鮮度を落とさず持ち帰るためには重要な方法となります。

 

締め方は3種類

①氷締め

氷締めはイワシ、アジ、サバなどの小型魚向けの締め方です。

これら小型魚を締めるときはクーラーボックスにしっかりと氷と水を入れ氷水を作りその中に釣れた魚を入れます。

この時の氷水は海水を使って潮氷にするのがいいでしょう。

海水の塩分により氷水が0度近い温度を保てるので効率よく魚を締めることができます。

30センチ以下の魚であればすぐに締めることができます。

また、魚を直接氷水に入れまま持ち帰ると氷焼けしてしまう恐れがあるため、締めた後は水を抜いて魚体をビニール袋に入れるか新聞紙でくるむなど、傷めないように注意してください。

 

②血抜き締め

中型魚から大型魚を締めるときに使われる手法です。

小型のナイフが必要です。

中型魚以上は氷締めではなかなかすぐには死なないため暴れたりして血が回ってしまい鮮度を保つのが難しいです。

そこで血抜きをして締めます。

釣り上げた魚が元気なうちにエラの根元を切って海水につけておくことで血抜きができます。

尾にある脊髄を切るのも有効な方法です。

ある程度血が抜けたら直接氷につけないようにしてクーラーボックスで冷やして持ち帰れば鮮度を保つことができます。

 

③神経締め

漁師の技が広まって今では神経締めの道具も釣具屋で手に入る締め方です。

魚の目と目の間に神経締め用のアイスピックを突き刺しワイヤーを通して魚の神経をつぶすことで魚の身が死んだことに気づくのが遅くなると言われています。

大型魚では締めるのが難しいため中型魚向きの締め方になります。

釣った魚を熟成させて食べるときは神経締めはしないほうがいいいう噂もあります。

死んだことに気づくのが遅れる=熟成が進まないというのが理由だそうです。

私はもっぱら血抜き締めなのですが、機会があれば試してみようと思います。

 

さて、簡単ではありますが魚の締め方について書いてみました。

写真付きで紹介できていないのは魚締めるときに写真なんて撮れないよね?と思っているわけじゃなくていつも締めることに必死で忘れているだけなので撮れたら亢進しようと思いますw

 

ではでは