釣り万歳

瀬戸内での釣りをメインに書いていきます。

梅雨メバル in 音戸

スポンサーリンク

久々の釣行許可を得て、早朝のみの短時間釣行に行ってきました。

 

目的は梅雨メバル調査(ついでに太刀魚状況調査)

 

場所は昨年同時期に割といいサイズのメバルが釣れたポイント。

 

そして同時期に太刀魚も釣果情報が出ていたため淡い期待を持ってポイントに入りました。

 

まだ6月なのに早朝4時過ぎには外が明るくなり始めてる・・・

 

夏はすぐそこまで来ていますね。

 

さて、表題の『梅雨メバル』

 

 

梅雨メバルとは

メバルって冬から春にかけて狙うことができるターゲットで大型の個体も産卵のために浅場に入ってくるのがその時期なんですね。

春になってだんだん水温が上がってくると大型の個体は水温の安定している深場に移動するのですが、実は浅場に残っている個体も意外といるのです。

その個体を狙うのが『梅雨メバル』です。

数釣りは望めませんが釣れたらでかいという楽しみがあります。

 

なぜ梅雨に狙うのか?

メバルは高水温を嫌う魚のため、夏になり水温が上がると低活性になりなかなか口を使わなくなります。

人間も暑い日が続くと食欲なくなってきたり外に出て活動したくなくなりますよね?

メバルも同じです。

そんな時に雨が続いて水温が下がると活性が上がってチャンスが出てきます。

 

ポイントの選び方は?

ここが重要です。

ポイントを選ぶ際には水温が安定した場所を選びましょう。

ハイシーズンに爆釣したポイントが良いというわけではなく条件に合ったポイント選びが重要になります。

シャローエリアは避けて潮通しが良くなるべく水深のあるポイントを探していきましょう。

-------------------------------------------------------------------------------------------------------------

という事で、まだ梅雨入りしてないですがフライングで調査に行ってきたわけですw

 

ポイントに入るとあたりはイワシがたくさん入っており、期待大!

 

さっそく釣り開始です。

 

最初に選んだのは信頼度抜群のJACKALL キビキビナーゴ2インチにジグヘッド0.75g。

 

イワシの群れが表層にいるので表層ただ巻きからスタート。

 

ベイトがこれだけいるんだから表層で喰うだろという安易な考えから表層を攻めます。

 

開始早々から釣れますが、サイズが・・・

f:id:StuAngler:20190622221625j:plain

 

表層には大きな個体はおらず・・・

 

まだ雨が少なく水温も下がっていないため厳しいのか?

 

そもそもイワシはたくさん入ってますがシーバスなどのフィッシュイーターも見当たりません。

 

表層がだめならばとメタルジグ5gに変えて中層から底を攻めますがアタリもなく沈黙。

 

最後は穴釣りして癒されて納竿となりました。

f:id:StuAngler:20190622223125j:plain

f:id:StuAngler:20190622223415j:plain

今日のタックル

 

そろそろ本格的に梅雨入りするので、また改めて調査に行ってきます。

 

ではでは!